鶴岡 『はなまるうどん』生姜が効くぅ~!!

讃岐うどんの『はなまるうどん』鶴岡ミーナ店では期間限定メニューの『あんかけフェア』をやっています。

店頭の『あんかけフェア』垂れ幕につられて食べて来ました。


354113.jpg


新店舗  はなまるうどん 鶴岡ミーナ店
場所   山形県鶴岡市千石町3-37
営業時間 11:00~21:00


時間はお昼時を過ぎていましたが、店内には続々とお客さんが入ってきます。
讃岐うどん『はなまるうどん』の人気は衰えていないようです。

以前も記載しましたが、山形県は、麺類消費量が全国でもトップクラスです。
味と値段でお客さんに認められれば繁盛する。ということなんですね。

さて、『あんかけフェア』のメニューは、3種類あります。
「酸辣湯うどん」「鶏とトマトの酸辣湯うどん」「明太生姜玉子あんかけ」です。

寒さで冷えた体には、どれも温まりそうです。
その中でも、生姜の入った「明太生姜玉子あんかけ」は、生姜でぽかぽかしそうです。

カウンターで「明太生姜玉子あんかけ」を注文しました。

カウンターの向こうで調理する様子を見ることが出来ます。

丼に温められたうどんが入ります。
そこに、あんかけスープがそそがれます。

そして、トッピング。
具材の入ったビニール袋を握って、小さな穴から赤みがかった練り物が計量スプーンに抽出され、丼に投入されました。
初めは、味噌かな?と思いましたが、これは明太子でした。
袋にパックされていて、空気に極力触れないようになっているようですから、味の劣化が防げるし、清潔な調理方法だな。と勝手に思っています。

テーブルについて、さて、実食です。
先ほどトッピングされた明太子は、北海道産と説明されています。

明太子を麺に絡めて口に入れます。
小さなつぶつぶが、さわやかな辛さとともに口の中に広がっていきます。

山形県、鶴岡市から見て南に移置する香川県と北に移置する北海道の味がひとつの器の中で交わっています。
食の祭典のようです。

次に、玉子入りあんかけのおつゆをいただきます。
生姜の辛い味が口中に広がります。

生姜を惜しみなく大量に投入してくれた感じの辛さです。
生姜好きの人にはたまりませんが、辛さが苦手の方にはちょっとキツイかもしれませんね。

私も、体を温めるため、汁物には生姜を入れて料理しますが、ここまで辛くしたことはありません。
今回、「明太生姜玉子あんかけ」をいただいて、生姜を食すとはこれぐらい入れないとダメなのかも。
と思ってしまいました。

私にとっては、生姜の辛さと、まろやかにする卵とあんかけ、明太子が入ったうどんはとっても美味しかったです。

『はなまるうどん』さんは、メニュー名と見た目だけではわからない驚きの味がつまっている感じです。

『あんかけフェア』のあと2つのメニュー、「酸辣湯うどん」「鶏とトマトの酸辣湯うどん」もどんな味か気になります。




『はなまるうどん』鶴岡ミーナ店 の詳細はこちらからご覧ください。
   ⇩  ⇩  ⇩
https://www.hanamaruudon.com/








この記事へのコメント